スタッフの一日

Home > スタッフの一日 > 遠藤 千夏

やっぱり空手を仕事にしたい

遠藤 千夏

私の最大の強みでもある空手の技術を最大限に活かせる場所はココだ!と思い入社を決めました。また、この会社の社風も最大の決め手になりました。社内はONとOFFのメリハリがはっきりしていてとても良い雰囲気だと思います。

<大会受賞歴>

・WKF世界空手道選手権大会 個人組手出場/団体組手第3位
・空手1プレミアリーグ沖縄大会 個人組手優勝
・全日本学生空手道選手権大会 個人型準優勝/団体型優勝
・関東学生空手道選手権大会 個人型優勝/団体型優勝
・船越義珍杯世界空手道選手権大会 個人型優勝

プロフィール

年齢 22歳
出身地 埼玉県
出身校 帝京大学
医療技術学部 スポーツ医療学科
キャリア 1年目
担当 指導部
 
 
 
 

就職の志望理由

  • 空手を活かせる仕事だから

    私は、小学校1年生から空手を始め、空手のおかげでここまで成長することができました。これからは私の強みである空手を活かして人の役に立てる仕事に就きたいと思っていたので、まさに私にぴったりの仕事だと思います。今まで培った技術を活かして子どもたちに感動を与えるような指導者になりたいと思っています。

  • 社風がとても良いから

    フィールズアカデミーのキーワードは「喜び」「感動」「幸せ」です。お客様を幸せにするためにも、まず社員が幸せでなくてはならないのが社長の方針。先輩たちは明るくてプラス思考な人たちばかり。私も毎日楽しく働いています。また、会社からは選手としての活動も認めていただいているので大好きな空手を続けていくこともできます。

  • 自分自身も成長できると思ったから

    今まで選手として勝ち負けだけにこだわってきましたが、ここでは試合の勝ち負けを最終目的としたスポーツとしての普及ではなく「空手道を通じた人間形成」を目的としています。そのためには、まず自分自身が最高のお手本でなければいけません。自分の成長と子どもたちの成長を実感することができる最高の仕事だと思います。

  • ずっと続けられる仕事だから

    この仕事は、今まで長年培ってきた空手の技術をそのまま活かせます。選手を引退してもずっと空手に携わっていける上、その中で悩んだり、苦労したりしたことも全てが良い経験として生徒たちに伝えることができます。自分が時間をかけて作り上げてきたものが誰かの役に立つと思うと、それだけでうれしく思います。

空手の生きる道を選んだ私の将来設計

<子どもたちのお手本となる指導者になりたい>

まずは指導者として、社会人として、子どもたちから憧れられる存在になりたいです。そのためにも早く一人前の指導者に成長したいです。そして、将来は「憧れの職業は空手の先生」と言われるようになってほしいと思います。

<空手人口を増やしたい>

空手は、身心を鍛えるすばらしい武道であり、スポーツであると思います。空手をもっと多くの人に認知してもらうため指導と同時に空手のPR活動も行っていきたいです。いつか選手コースを作ってオリンピックを目指す子どもを育成したいと思っています。

<世界中に空手のすばらしさを伝えたい>

私たちの会社は、社長の海外修行の経験がベースとなっています。そのため毎年海外からゲストを招いて様々なイベントを行います。その中で生徒たちや私たち社員は自然と国際感覚を身につけています。将来は、私も社長に同行して海外指導に行ったり、海外のゲストを招いたり、空手を通じて「日本のすばらしさ」を海外へアピールしていきたいと思っています。

研修中の一日の流れ

8:30 出社
8:45 そうじ
9:00 始業
業務・研修(入社3ヶ月)
12:00 昼休憩
13:30 指導会場へ移動
14:00 指導会場到着
14:30 指導開始
19:00 指導終了(直帰)

<座学>

座学

当社の理念・方向性を理解し、仕事に対する考え方を学ぶための座学研修を3ヶ月間、毎日欠かさず行います。これを受講することで、学生から社会人へ頭の中が切り替わっていきます。

<指導研修>

指導研修

自分の担当会場を受け持つまでは、社内の研修場で指導研修を行います。指導研修では、空手の技術はもちろん、当社独自の指導メソッドを学びます。これをマスターすることで安心して指導現場を受け持つことができます。

イメージギャラリー